消費者金融は早めの返済を心がければ便利なサービス

即日融資@消費者金融おすすめランキング内でも消費者金融の申し込み手続きは最近はインターネットから行う方法が主流になっていますので、借入れを急いでいないときは来店不要でお金を借りることができる場合がほとんどです。特に手続きがインターネット上で完結するWEB完結ができるサービスを利用すれば消費者金融からの確認の電話もなくすことができることもあります。

確認電話をなくした場合、審査結果などの連絡もメアドで受ける場合もありさらにスムーズな手続きが可能となっています。もちろん申し込み資格は本人に安定収入があれば大丈夫ですので契約社員やパート、アルバイトの人でも利用可能なサービスです。銀行のカードローンと比べると若干金利が高めとなる場合もありますので、できるだけ短期間で返済するのがおすすめです。

毎月最低支払額のみの返済だとその分返済期間が長くなってしまいますので注意しましょう。できるだけ借入を最低限にとどめ、計画的に利用残高が増えないようにすると支払う利息の総額も抑えることができます。

 

少額の借り入れは消費者金融系の金融業者、多額の借り入れは銀行のカードローンが向いている

消費者金融系の金融業者は審査が甘いので即日融資を受ける事が出来ます。そのため金欠の状態になっている人が生活費を補てんするという目的で利用する事が多いです。また最近ではスマートフォンだけで申し込みから借り入れまでの手続きが出来てしまうので遊興費に充てる目的で利用する人もいます。

そのため消費者金融系の金融業者は金欠の状態になっていて少額だけ借りる時は便利ですが、金利が高く設定されていて総量規制の対象にもなっているので多額の借り入れをするのにはあまり向いていません。多額の借り入れをする時は低金利で総量規制の対象外となっている銀行のカードローンが向いています。

銀行のカードローンは消費者金融系の金融業者に比べて審査が厳しめで融資を受けるまで数日かかってしまう事が多いですが、大手銀行の三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンは銀行の中に設置されている契約機で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。そのため多額の借り入れを希望している人でも即日融資を受ける事が出来ます。

 

今人気のある、みずほ銀行のカードローン

みずほ銀行のカードローンは、みずほ銀行が直接取り扱っているので、メガバンクの抜群の安心感のあるカードローンです。金利が低く設定されていて、最大限度額が1000万円まで借りられるなどの特徴があります。金利は3%?14%で、他の銀行のカードローンと比べても最低水準であることがわかります(エグゼクティブプランの場合は3%~7%)。

みずほ銀行の口座を持っている場合は、即日融資も可能となります。カードには2種類あって、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型があります。すでにみずほ銀行の口座を持っているなら、web完結の申し込みでカードローン専用型のカードを作るなら2?3週間程度の時間がかかります。キャッシュカード兼用型のカードを作るなら即日融資も可能です。

申し込みには、氏名・住所や勤務先の情報などの必要事項を入力して、本人確認書類の画像を登録する必要があります。200万円以上を借り入れする場合は、収入証明書も必要となります。みずほ銀行のカードローンで少し不便な点は、返済日が毎月10日と決まっていることです。カードローンではいつでも返済できるということが一般的ですが、お金の余裕のある時に返済したい人にはこの点はデメリットの1つとなります。

 

住宅用太陽光発電などで活用されるローン

住宅用太陽光発電は、たまに事業目的で検討される事もあります。売却システムなどを基準に、ちょっとそれを開設する事もあるでしょう。ちなみに売電などに関する仕組みは、情報サイトなどで掲載されている事もあります。各サイトにより文字数も異なりますが、一読しておく価値はあるでしょう。

そうかと思えば、不動産投資に関しても注目が集まっています。預金では増えるスピードに問題があるので、物件に資金を充当したいと考える人々も珍しくないです。それで上記で触れたどちらのケースに対しても、それなりにまとまったお金は必要です。それでローンが検討されるケースもある訳です。それなりに大きな金額が求められる時には、銀行に相談される事例も数多いです。

ただし借りる商品を利用する以上は、様々な確認は受ける事になります。金融業者としては、やはり信用力を重視する事になるでしょう。もちろん確認されて何も問題なければ、借りられる流れになります。